私がしたゆるいキャバ嬢体験のはなし

こんにちは。今日は私のゆるーいキャバ嬢体験をお話ししたいと思います。
私は現在24歳、金融関連の会社で働くOLです。

私がキャバ嬢をしていたのは大学4年生の約一年間のみ。

当時住んでいた東京の練馬で卒業旅行の旅費を稼ぐためにゆる~くキャバ嬢をやっていました。
きっかけは大学のサークル仲間が当時門前仲町でキャバ嬢をやっていたから。
まあとにかく手っ取り早く旅費を稼ぎたかった私。

本業は女子大生だしどっぷり浸からない程度に…と思って競争の激しくなさそうな練馬を選んだのでした。
面接を経てお店で働くことに。

最初着て行くドレスがなかったのでキャバドレスのネット通販でドレスを調達しました。

当時私の働いていたお店には新人さんはいなくて、他のキャスト(キャバ嬢)たちはみんな経験者でした。

はっきり言ってお店の中で私は異色の存在でした。そもそも女子大生であることが珍しかったし、小さいお店でしたがみんな相当稼いでいたと思います。私はせいぜい一か月に10万程度。お客さんとは一切連絡先交換をしない(笑)お店側からしたらふざけんなって感じのキャストだったと思います(笑)

客層は練馬在住のサラリーマンが多かったです。20代~30代くらいの若い人も飲みに来たりしてましたが、一人残らずモテないなこいつらって感じの人たちばかり。若いからかお金も持っていなくてこりゃ追い打ちかけてモテねえなって感じでした。

基本的には多少下心のある下ネタが好きな小金持ちのおじさんやサラリーマンが相手でしたが、中にはマジキチや絶対堅気の人間じゃない!!!って人もいました。
私が出会ったマジキチの話をします。確かあの日はお客さんの入りがすごく少なくて女の子みんなが暇をしていました。そんな中マジキチは22時くらいにふらっとお店に登場。上下ボロボロのパジャマみたいな恰好で髪もぼさぼさ、年齢は60歳くらい?なんだか浮世離れしていて、介護施設から抜け出した痴呆老人みたいだなあって思いました。
興味深かったのでじーっと観察していたのですが、代わる代わる席に着く女の子にそのマジキチは毎回同じ話をするんです。

工事現場の重機?の操作資格を取得したとかいう話を(笑)私が席に着いた時も例に漏れることなく、同じ話でした。席に着いている20分間くらいの間無限ループでその話を15回はされました。

会話が成立しないマジキチってこういうことを言うんだなあとぼんやり考えていたらなんか臭うんですよね。そのマジキチ、お○っこ漏らしていました。あれにはマジでぎょっとしました。即店長に「漏らしてますよ。」と話して強制退店。本当に気持ち悪くて二度と会いたくないです。まあ今では笑い話ですが。

他に印象深いお客さんと言えば、7人くらいで来店したグループ客。この人たちは確実に堅気の人間ではありませんでした。7人は仕事仲間だと言っていました。しかし7人中4人は親戚らしい。

一族でネット回線の会社をやっているそう。私の2歳年上の若い人がどうやら社長の息子らしい。歳も近いしまあまあ普通に会話を楽しんでいたそのとき、気づいてしまったのです。この人、小指がない・・・。

世間知らずなのほほん女子大生の私はしばらく経ってからそのことに気付いたのですが、お店のお姉さんたちは初めから気づいていたそうです。そういえば社長は竹○力と電話で話をしていました。あの人たちと仲が良い竹○力って一体…

ゆるーくかるーくやっていたキャバ嬢ですが、世の中には色々な人がいるんだなあと思いました。まさに人種のるつぼって感じで、面白かったです。
体験入店と言って数回のみ入店できる制度もキャバクラにはあるので、興味のある人は一度体験してみるのも良いと思います。私はもうやりたくありませんが…(笑)